最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    脇黒ずみをセルフケアで治すには?

    実は、ジャンクフードをよく食べている、という女性には脇黒ずみ持ちである可能性が高いようです。
    脂っこいものは脇黒ずみに影響があるようです。
    ジャンクフードやコンビニ弁当など、偏った食生活をしていると黒ずみも現れやすくなると言われています。
    また制汗剤などを使いすぎると、色素沈着の原因となりますから、夏場でも汗をかいたら、かくだけかいて、しっかりタオルで拭くことがベストです。
    そんな脇黒ずみをセルフケアするにはどうしたら良いのでしょうか?
    ・脇黒ずみケアで必要なものとは?

    脇黒ずみケアで最も重要なことは、刺激を与えないということです。
    つまり、ムダ毛処理を頻繁に行ったり、手荒な方法で行ったり、ナイロンタオルでごしごし洗ったり、バスルームでは黒ずみ発生率が高くなります。
    脇はデリケートな部分なので、黒ずみが出来やすいのです。
    必要なのは毎日のケアですから、お風呂でボディケアする場合、石鹸をたっぷり泡立てて、その泡で脇を洗うようにしjましょう。
    ・重曹を使って脇黒ずみをケアしてみる

    重曹を知っていますか?お掃除にも料理にも使えるマルチな才能を持っているものです。
    この重曹を普段使っているボディソープと一緒に少量加えて泡立て、それで脇ケアをするという方法もあります。
    ムダ毛処理後は肌が敏感になっていますから、翌日にトライしてみましょう。
    肌に合わない場合はすぐに中止出来るようにもしておきましょう。
    おさいふにも優しい、セルフケアの1つです。
    しかしどうしてもセルフケアで色素沈着してしまった脇黒ずみが取れないという場合は、無茶をしてはいけませんから、プロにお任せするのも良いでしょう。
    例えば美容クリニックです。
    保険適応でないかもしれませんが、脇黒ずみをレーザー治療してくれるクリニックがあります。
    シミ取りなどを行っているクリニックであれば、ほぼ脇黒ずみにも対応していますから安心出来ます。
    セルフケアよりも安全で安心なクリニックでのケアなら、脇黒ずみがどれだけ酷く、ぶつぶつがあっても綺麗な脇を手に入れることが出来ます。
    料金はクリニックによって異なりますから、事前に聞いておくと良いでしょう。
    皮膚科で処方されるハイドロキノンでもセルフケアとして使うことが出来ますから、色々な可能性を考えて行動しましょう。

    これは個人差がありますから、完全に綺麗になる人と、若干色素沈着が残る人に分けられます。

    Comments are closed.