最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    脇黒ずみを白くする方法を紹介!

    脇黒ずみは女性にとってデリケートな問題。
    脇がキレイで白ければ、腕をあげることも躊躇なく出来ますが、少しでも色素沈着して黒ずみがあれば、人前で手をあげるのに勇気が必要になります。
    そんな状態になる前に、もしくはすでに黒ずみが発生している場合、白くする方法を考えてみましょう。
    ・ボディソープ、石鹸で脇黒ずみを白くする

    脇黒ずみの解消法として知られるのが脇黒ずみ解消専用の石鹸、ボディソープを使うというものです。
    それで完全に白くなるかは使ってみた本人の体質にもよりますが、あくまで石鹸なので表面の汚れしか取れません。
    手軽な方法ですが本気で脇黒ずみを白くすると考えるのなら、もっと別の方法を考えましょう。
    ・白くするには脇黒ずみ原因のセラミドを補う

    まず、本気で黒ずみで悩んでいる人は、皮膚科へ行くと良いでしょう。
    すると美白ケアの処方箋をもらうことが出来ますから、それでケアを行うことが出来ます。
    しかし皮膚科でも助言されますが、脇黒ずみは殆どが乾燥と摩擦によるものです。
    その結果、水分量をキープできず、角質は古くかたまり、黒ずみのある脇が出来るのです。

    そこで皮膚の水分量をキープしてくれるセラミド配合のクリームやジェルを塗ることで、色を白くすることが出来ます。
    ・脇黒ずみを専用コスメで白くする

    専用の美白クリームを使って脇黒ずみをケアする方法もあります。
    これは石鹸やボディソープとは異なり、肌の内部まで浸透して脇黒ずみを解決してくれます。
    多少値段が高くても、使ってみるだけの価値がありますから、本気でケアをしたいなら、使ってみましょう。

    有名どころではピューレパールという商品があります。
    お値段もお手ごろな4,750円となっています。
    口コミでも評価が高く、女性の利用者が多く、実績のあるクリームです。
    脇黒ずみだけでなくひじやひざ、かかとまで利用することが出来ますから、コストパフォーマンスに優れています。

    また薬用アットベリーというコスメは脇黒ずみに特化したクリームで黒ずみや脇のぶつぶつを解消してくれるクリームです。
    ヒアルロン酸などの美容成分も入っていますし、保湿力も抜群です。
    プラセンタやセラミドなど女性に嬉しい成分がたっぷり入っていますから、お値段は相応なものであっても、効果はしっかり発揮します。
    このような専用クリームはメディアで登場していることもあって、多くの女性が知っています。
    もし使っていない人で、脇黒ずみを白くする、白くしたいと考えているなら、専用コスメを使うことがオススメです。

    脇黒ずみをピーリングでケアするには?

    脇の黒ずみに対して悩んでいる女性は多いです。
    特に脇はデリケートな皮膚をしていますから、ムダ毛処理などを繰り返すうちに徐々に黒ずみが発生します。
    セルフケア出来て、なおかつ効果がある黒ずみケアはあるのでしょうか?ここではピーリングで黒ずみケアを考えてみましょう。
    ・脇黒ずみをピーリングしてみましょう。

    まずピーリングというものを知っているでしょうか?女性なら美容に少し詳しければ使っている人も多いでしょう。
    古い角質をぽろぽろと優しく除去してくれるコスメアイテムです。
    主にお風呂場で使って、マッサージのようにすることで角質がとれます。
    ピーリングすると脇黒ずみはどうなるのでしょうか?ボディ専用のピーリング剤を使って脇黒ずみをケアすると、驚くほど黒ずみをとってくれます。
    そのアイテムはジェルだったり、リキッドだったり、クリームや石鹸などがありますから、自分の好みにあったピーリング剤を選びましょう。
    ・脇黒ずみ対策にピーリングを自宅で作る

    脇黒ずみ対策として、ピーリング剤を自宅で作ることも出来ます。
    市販の黒ずみだとどうしても肌を痛めてしまうというデリケートな人には濃度を調節出来るのでちょうどよいでしょう。
    クエン酸と水をよくかき混ぜ、クエン酸水を作りましょう。
    脇黒ずみにそれを塗って、5分前後放置した後に水で洗い流します。
    黒ずみ部分にコットンでクエン酸水を付けるのもよいです。
    このケアを1週間程度続けると脇黒ずみはだいぶん解消されるようです。
    ・脇黒ずみ対策ピーリングに皮膚科は利用できる?

    脇黒ずみのピーリングとしてケミカルピーリングというクリニックで受けることが出来るピーリングがあります。
    フルーツ酸の一種、グリコール酸などによって表皮の古い角質を科学的に分解するという方法です。
    ターンオーバーを促進することが出来ますから、自然と綺麗な脇になることが出来ます。
    肌に対してはどこにでもケミカルピーリングを受けることがクリニックでは出来ますから、当然脇もケミカルピーリングを受けることが出来ます。

    ただし、デリケートな肌質の人や、敏感肌の女性はあまりケミカルピーリングには向いていません。
    刺激が強いので、普通肌やオイリー肌の女性向けだと言えるでしょう。
    一般的に2週間に1度で6回前後繰り返すことで脇黒ずみを解消することが出来ますから、一度市販のピーリングを使ってみて、効果があまり出ないというのでしたらクリニックを利用するのも良いでしょう。

    脇黒ずみをセルフケアで治すには?

    実は、ジャンクフードをよく食べている、という女性には脇黒ずみ持ちである可能性が高いようです。
    脂っこいものは脇黒ずみに影響があるようです。
    ジャンクフードやコンビニ弁当など、偏った食生活をしていると黒ずみも現れやすくなると言われています。
    また制汗剤などを使いすぎると、色素沈着の原因となりますから、夏場でも汗をかいたら、かくだけかいて、しっかりタオルで拭くことがベストです。
    そんな脇黒ずみをセルフケアするにはどうしたら良いのでしょうか?
    ・脇黒ずみケアで必要なものとは?

    脇黒ずみケアで最も重要なことは、刺激を与えないということです。
    つまり、ムダ毛処理を頻繁に行ったり、手荒な方法で行ったり、ナイロンタオルでごしごし洗ったり、バスルームでは黒ずみ発生率が高くなります。
    脇はデリケートな部分なので、黒ずみが出来やすいのです。
    必要なのは毎日のケアですから、お風呂でボディケアする場合、石鹸をたっぷり泡立てて、その泡で脇を洗うようにしjましょう。
    ・重曹を使って脇黒ずみをケアしてみる

    重曹を知っていますか?お掃除にも料理にも使えるマルチな才能を持っているものです。
    この重曹を普段使っているボディソープと一緒に少量加えて泡立て、それで脇ケアをするという方法もあります。
    ムダ毛処理後は肌が敏感になっていますから、翌日にトライしてみましょう。
    肌に合わない場合はすぐに中止出来るようにもしておきましょう。
    おさいふにも優しい、セルフケアの1つです。
    しかしどうしてもセルフケアで色素沈着してしまった脇黒ずみが取れないという場合は、無茶をしてはいけませんから、プロにお任せするのも良いでしょう。
    例えば美容クリニックです。
    保険適応でないかもしれませんが、脇黒ずみをレーザー治療してくれるクリニックがあります。
    シミ取りなどを行っているクリニックであれば、ほぼ脇黒ずみにも対応していますから安心出来ます。
    セルフケアよりも安全で安心なクリニックでのケアなら、脇黒ずみがどれだけ酷く、ぶつぶつがあっても綺麗な脇を手に入れることが出来ます。
    料金はクリニックによって異なりますから、事前に聞いておくと良いでしょう。
    皮膚科で処方されるハイドロキノンでもセルフケアとして使うことが出来ますから、色々な可能性を考えて行動しましょう。

    これは個人差がありますから、完全に綺麗になる人と、若干色素沈着が残る人に分けられます。